スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【新作紹介】とりあえず、ダイスを振る。【ポストカードゲーム】

『5分で終わる!ハルマゲドーン』

後編ではシステムをご紹介します。


「いかにして5分でゲームを終わらせるか」。
それに苦心した結果、とりあえず『ダイスに始まり、ダイスに終わる』というシステムになりました。

寿司屋で言えば、とりあえず玉子。
飲み屋で言えば、とりあえず生中。
給食で言えば、とりあえず大盛で。

と言う位、「とりあえずダイスを振ってください」という流れです。
ダイスを振れば、すべてが決まる。

だから、深く考えず、気楽に、暇潰しのつもりで最終戦争を遊んでください(笑)

≪ルールの概要:簡易版≫
・2~4人まで遊べます。
・5分くらいで終わります。
・遊ぶためには6面ダイス16個が必要です。

ゲームの流れ

1.スタートプレイヤーと自分の担当する色(属性)をひとつえらびます。

2.12個のダイスを均等に持ち、一斉に振ります。

3.出目の大きさが国力・軍事力・政治力・権力・財力をすべて表します(6が最大、1が最少)。
  スタートプレイヤーから1個ずつ、任意のエリア(国)にダイスを配置します。
  このとき、他人の色へは他に空きがない限り配置することはできません。

4.余ったダイスを1個ずつ持ち、以下の手順を繰り返します。
 ①自分の手番になったら手に持っているダイスをぜんぶ振り、出目と同じ目のあるエリア(国)を1つ操ります。
 ②対象のダイスの目を1段階上下するか、隣のエリアに移動するかを選択してください。
 ③移動先に出目の小さな国があった場合は滅ぼされ、そのダイスは手番プレイヤーの手中に収まります。
 ※ただし、6の目は1の目に負けます(1は一騎当千の無双英雄なのです!)。
 ※他人の色のエリアは『神域(帝のいる国)』です。そこにあるダイスは他のプレイヤーが触れることはできません。

5.場にあるダイスが1個になった時点で、天下統一です。
  が、そんなことはどうでもいいので 目の前に置かれているものを全部片付けてください。

6.全員で手に持っているダイスを一斉に振ります。
  一番高い目を出したプレイヤーが神々の最終戦争に勝利します。
 ※たとえば、ダイス目が「6・5・5・4・3・2・1」であれば「ちなみに、わたしの戦力は6億5千4百32万1千です」等と説明すると盛り上がります。
  (一番大きな目に「億」を付けて読んでください)

(例)
「よろしい、ならば最終戦争だ!私の戦力は5億4千万!」
「ふふふ。吾輩は5億5千2百3十万じゃ!」
「あ、ボクは6億6千6百万だから、勝っちゃいましたね~」

5分でドーン オモテ

スポンサーサイト

2014.11.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 5分でドーン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
181位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。