スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【デザイン】仲村のゲーム作り 第2話 イメージイラスト

今回はイラストの話です。
よかったら、続きをどうぞ。


まず、こんなのを見てもらおう。

in to the dead イメージイラスト


 もちろん、こんなすてきイラスト、24時間そこらでかけるわけがない。

 実は、当夕日の土建屋さんには、「イラストレーター」も「絵描き」も「芸術家」もいません。

 という事で、アナログゲームで肝心なビジュアルイメージはよそ様から借りてこないといけないわけです。


 今回、ご紹介するのはこちら。

 「TEDDY-PLAZA」
 http://teddy-plaza.sakura.ne.jp/
 (上記の画像からでも、外部リンクに飛べます)


 こちらのテディプラザの瀬尾辰也さんはかれこれ10年前に、パソコンのフリーゲームを作ろうとした時、
 巡り会った素材作家さんだったんですね。


 その時のデータが最近出てきて、最近はどうしているのかなと思ったら、すてきなイラストがありました。

 ただ、18禁要素を含んでいるので気をつけてね(遅いか)




 【決めた事】

 一つ目 プレイ時間と対象年齢。

 ・対象年齢は15歳以上
 ・理由は、街で災害がおきた事をテーマにしているため。多少の分別が必要と思う。
 ・プレイ時間は60分前後
 ・インスト15分、プレイ45分が理想。
 ・それ以下では淡泊で、それ以上はだれるという個人的解釈。


 二つ目 協力型ゲームについて

 ・言い換えると「障害を協力して突破するゲーム」
 ・ただ、以下の二つのパターンが考えられる。
 A 大きな障害をみんなで協力して突破する。
 B 複数の障害をみんなで手分けして突破する。

 ・選んだのはB。
 ・Aを選ばなかったのは「大きな障害」と「協力して突破」の解釈が次のものしかできなかった。
 →大きな障害をみんなで突破するためにはプロセスを区分けして、それぞれに担当する事になるため。
 そんな複雑なもん、誰が15分で説明するんだ?
 ………という理由。


 三つ目 キャラクター

 ・協力して行動する事と、同じ様な障害を手分けして解決するというアプローチから、
  個体差はあった方がいいと判断。
 ・あと、簡単な障害をいくつも突破すると考えると、アイデンティティはほしい。
 ・能力や成長要素ももちろん、パラメータ+乱数というステップが、説明自体も楽にしてくれるんではないだろうか?
 
 ・失敗を重ねた時、個の失敗が全体の損失になる設定も追加したい。


 四つ目 街

 ・障害がただ登場し、ただ突破するだけでは「障害物レース」かと
 ・では、今回の舞台は「街」である以上、そういう概念を作り出す。
 ・場所の概念などがあれば、選択の自由が多少出て来るのかなと。
 ・その上で、有利不利が出て来る事。
 ・もう一つは、この街から脱出、と歌った時に「どこから、脱出?」が明確になる。



 さて,今回はこのあたりで。



 つづく

スポンサーサイト

2015.01.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | In to the end

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
17540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
355位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。