スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【報告】1月の陣、無事終了しました。

20150112_170230.jpg


 夕日の土建屋さん 仲村です。

 さて、過ぎたるは、光の矢のごとし、なんて。
 先日告知させていただきました、「夕日の土建屋さん定例会 1月の陣」の報告書です。

 毎回、8人部屋しかとらない夕日の土建屋さん定例会。
 まぁ、具体的な方向性のない当会にはなかなか足を運びづらいというのが当然かもしれませんね。

 ところが、今回は定員いっぱいの8名が参戦。
 いやいや、本当にありがたい限りです。


 さて、今回の参戦メンバーは………

 mizu、仲村、莓華、香川、と、レギュラーメンバーが4名も集まりました。
 だいたい、1年ぐらい前から週末のお休みが取りづらい状態になってしまったメンバーも
 都合をつけて参加してくれたようです。

 加えて、4名の参加者さんが………
 (名前出していいのか、確認とれてないので、伏せておきます)

 で、写真は当日一番人気となった「宝石のきらめき」というゲーム。
 通販で検索かけてみて、なんと5000円の価格でした。
 いや、先日あるところで、トークした感じだと、やっぱり売りやすいのは1000円から3000円程度というところ。
 まぁ、社会人でも学生でもなんとか捻出できる金額はそのあたりですよね。

 このゲーム、どれぐらい人気だったかといえば、当日2卓に分けてゲームをしたのですが、
 その片方が、ずっと「宝石のきらめき」だった事。

 いや、やり過ぎ。正直。
 という位のゲームでした。



 実は、当サークル、「創作サークル」を歌っているんです。
 と、いう事は創作じみた事をやらないわけにはいかないな、と。

 例会の頭、15分程度は毎回、「ディスカッション」をしています。
 いや、その書き方にも問題があるほど。

 具体的にはどうするか?

 ディスカッションだ、会議だ、といっても話すら遅遅として進まない事ってありませんか?
 いや、私はいやという程知っています。学校で、会社で、

 一番良くないのは、「叩き台」や「ひな形」がない事。
 それに類するのが「去年はどうだったのか?」という事です。

 ところが土建屋さんの場合、去年はないんですね。
 いや、違う事をやろうとあがいているというかなんというか。

 なので、大まかでいいので、伝えたい内容を決めておきます。
 本当の会議では、そんな事は絶対にできないのですが、
 あえてつっこみどころは残し、中途半端な概要説明をします。
 へー、そうなんだ。と落ち着いた人はそれはソレとして、
 いや、ここはどうなっているんだ、とか、
 こういうのはどうなんだ、とか、
 そういう話をどんどん広いながら、ホワイトボードにまとめていきます。


20150112_175113.jpg


 それがこれ。

 え? 意味が判らない?

 いや、それでいいんです。
 時々、会議で話す内容が全て書いてある資料を見かけますが、
 あれは資料と言うより、教本だと思って居ます。

 それだけではよくわからない資料を見ると、
 参加した人はそのときの話の大まかな流れを思い出す。

 これが一番いいんじゃないかな、と思う次第。



 まぁ、どれもこれも「妄言」を誘発するための小技なんですけどね。
 この「妄言」、想像力の結晶です。
 新しい事を始める時、具体的な事がイメージできたなら、
 それはもう、ゴールしたも同じなんですね。



 という、与太はこっちにおいといて、ゲームログです。


 【A卓】 4名

 宝石のきらめき


 【B卓】 4名

 フラックス
 大商人
 23の瞳(仲村デザインのオリジナルゲーム)
 妖怪サッカー(mizuデザインのオリジナルゲーム)
 トバゴ


 こうみても、「宝石のきらめき」人気が半端ない事が判りますね。
 一度、絶版になったようですが、近々再販するとか………
 でも、コンポーネントがいいだけに、どうしても5000円は必須価格ですね。


 「少しだけ仲村の偏見解説」


 「宝石のきらめき」
 ・今回の一番人気のゲームです。
 ・プレイヤーは宝石商となり、「宝石」の売買をしながら「鉱山」を買い占めていきます。
 ・買い占めた「鉱山」は、「宝石」毎ターン算出するらしく、買い占めによって、
徐々に高い難易度の鉱山が買い占められるようになってゆくゲームでした。

 【仲村の偏見】
 ・デザイン ☆☆☆☆★ 海外のゲームという事を刺し引いても、綺麗でしたね。
 ・戦  略 ☆☆☆☆★ 戦略は必須といっていいゲームです。
 ・ギャグ  ☆★★★★ 笑いの要素はほぼありません。
 ・賭け事  ☆★★★★ 序盤でこけると立て直しがききません。
 ・ギミック ☆☆☆☆☆ ポーカーチップを使ったギミックが妙



 「フラックス」
 ・わりと古くからあるボードゲームの定番です。
 ・説明書がわりとざっくりですてきな感じです。
 ・いつでも、ゲームに参加できるのが一つの魅力。
 ・持ち主からしても、「不毛な」ボードゲームと言わざるおえない(笑)

 【仲村の偏見】
 ・デザイン ☆☆★★★ 機能性を追求したというか、テキストを読みやすくしたカードでした。
 ・戦  略 ☆☆☆★★ 戦略はありますが、組み立てきれません。
 ・ギャグ  ☆☆☆☆★ どこにも笑いを誘う様な要素はないのですが、だんだん笑いが込み上げてきます。
 ・賭け事  ☆☆☆☆☆ デッキから必要なカードをどれだけ引けるかがとても重要です。
 ・ギミック ☆☆☆☆★ カードだけにも関わらず、そのカードに翻弄されますよ。




 「大商人」
 ・ラブレターなどで有名となったカナイセイジさんのカナイ製作所謹製のゲームです。
 ・さすがの手札構築系ゲームだなと思った次第。
 ・短時間で終わる構築ゲームとしての妙があります。
 ・持ち主は強いといわんばかりに、初戦で勝ってしまいました。 

 【仲村の偏見】
 ・デザイン ☆☆☆☆★ 杉浦のぼる氏のイラストがとても綺麗です。
 ・戦  略 ☆☆☆☆☆ 一発逆転も可能でありながら、戦略も無駄にならない。
 ・ギャグ  ☆☆☆★★ ギャグに走っても大丈夫です。ただ、どんな行動も自然と意味を持ちます。
 ・賭け事  ☆★★★★ ほぼ、運の要素はありません。
 ・ギミック ☆☆☆★★ 所持金をあらわすギミックが楽しいと思った次第です。


 「トバゴ」
 未プレイのため、よく判りません。


 「23の瞳」
 「妖怪サッカー」
 ※以上2ほんのゲームは、ただいま土建屋さんで開発中のゲームです。
  しっかり作るようであれば、またこういった形で発表の場を設けさせていただきますので、
  あしからず。


 この後、あるカレー屋さんに夕食を食べにゆくのですが、それはまた別のお話。



 さて、次回は2月14日(土)で予定しています。
 次回はどんなもの用意していこうかな、と思う次第。

 仲村はじめでした。

スポンサーサイト

2015.01.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
222位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。