スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【報告】夕日の土建屋さん定例会3月の陣【定例会】

 お疲れ様です。
 気がつけば、三月。
 この前まで、雪に悩まされていたかと思えば、すでに雪は溶けて、
 天気予報にも「雪崩」や「洪水」の注意報が出回る始末。
 いやぁ、早いですね。季節の流れ。

 さて、今回は「夕日の土建屋さん 定例会 3月の陣」の報告レポートです。
 今回、仲村は地域貢献活動のため遅れて参加。
 たどり着いた仲村が目にしたものは一体………

 時間と駄文の許せる心があれば、続きをどうぞ。


 実は先月の土建屋さんで一つの問題が………

某「仲村さん、想定人数超過傾向です」

 そう、ここまで五年ほど続けてきたサークルですが、いつでも8名の会場を手配しておけば、
 こと足りてきました。
 (8名越える事なんて滅多にありませんでした)

 ところが、前回11名、そして今回も12名の参戦と、大盛況。
 ということで、今回から、会場を8名会議室から、16名会議室に変更です。

 正直来るか、心配でした。

某「なぁに、仲村さん、3名来ればいいんです。3名くれば」

 やっている事がボードゲームである以上、2名での開催は厳しく、
 当日、3名集まらなかったらやらない。
 という、暗黙の了解で運営しております。

 この某さんのこういうところが、豪快でもあり、憎めないところでもあります。



 さてさて、いってみると、一つ残念な事が。

 人数の都合で、2卓に分かれておりましたが、一方では、夕日の土建屋さんメンバーが
 新作のテストプレイ。もう一方では、ビジターさんがボードゲームに興じておりました。

 うーん、どうなんだろうか、これ。

 せっかく、大勢の方がお越しになっているのですから、ばっちり運営や仕切りぐらいやろうぜ。
 間違いなく次回への検討課題です。

 ご参加頂いた方の中に不愉快な思いをされた方がいない事を切に祈るばかりです。


 それはこっちにおいといて。




 今回、主としてやりましたゲームのレポートです。





 その1 サンダーストーン

 サンダーストーンは、一時期流行った「デッキ構築型ゲーム」の一端です。
 怪物を呼び出してしまう「サンダーストーン」という石を回収しにいく冒険者達。
 プレイヤーは、街にある資材や近隣の戦闘部族の力を借りて、サンダーストーンが眠る
 洞窟奥深くへとアタックをかけるチームを編成していきます。

 デッキのカードをつかって、「村」で何かを買うか、「洞窟」でモンスターを倒すかが選べる。

 ただ、モンスターはランダムで登場する上、一癖もフタ癖もあるモンスターばかり。

 もちろん、使う冒険者や戦闘部族達も一癖も、フタ癖もあるものはがり。


 勝利条件は「ダンジョンでより難易度の高いモンスターをどれだけ倒した」か。
 ※サンダーストーンは終了条件にわけですね。



 さらに、今回は、「オプションルール」の取り込みをしました。

 基本セットにあるルールとして、「毎ターンモンスターが村に向かって行進して来る」というものです。
 もともと、ソロプレイ用のルールなのですが、これがおもしろい。

 洞窟でモンスターが待ち構えているのが通常のルール。
 ただ、それだと、プレイヤー全員が手詰まりを起こした時の停滞がひどい。
 勇者達はいつまででも村をうろうろ。
 そして、枯れてゆく村の物資。
 勇者の能力が整った瞬間に、ゲームが終了するという有様。

 これじゃあ、おもしろくないって事で、ソロプレイルールの導入です。
 毎ターンモンスター達が行進してきます。
 ひどいと、モンスター達が村に進入。
 神社仏閣、土産物屋などに次々と就職していきます。

 なんとか、村に就職したモンスターの合計よりも、自分の倒したモンスターの合計の方が上回るようにするのが目的です。


 このルール、なかなかに良いルールなのですが、3人が限度です。
 なにしろ、毎ターン新たに登場するモンスターは1匹ですから、3人でたこ殴りにしたって、
 モンスターが村までだどりつける可能性は、激減してしまいます。

 その上、それ以上の人数になると、「モンスター不足」という謎の現象が発生。
 十分な武力を整えたところで、モンスターが倒せないのでは、なんの足しにもなりません。

 これを解消するルールをいろいろ考えたのですが、どれもぱっとしませんでした。
 また、機会があれば、考えていきたいところですね。





 ゲームその2 「ブループリント」

 そのまま直訳すると、「青写真」。
 青写真とは、図面の複写がかつて青色に白線の複写図案だったため、図面や計画の事を指すようです。
 今回、このブループリントは、4色のサイコロをそれぞれ違う建材とみたてて、ビルを建ててゆくゲームです。
 いいところは、「設計図」があるのですが、設計図通りに作らなくてもよいというところ。

 それよりも、これを松本市のゲームショップ「ナワテ宇宙堂」さんで購入した時の売り文句。

 「サイコロがたくさん入っているんだ。1個100円換算だから、損しないよ」

 そう、このゲーム、サイコロをたくさん使うんです。
 ざっくり、30個ぐらい。
 いや、しかしね、ゲームの売り文句で、おもしろく無くても損はしない、という発想が逆におもしろかった次第。

 そんな宇宙堂さんでは少しだけ、土建屋さんで作ったゲームを置かせて頂いています。
 松本にお越しの際は、是非一度お立ち寄りください。
 ナワテ宇宙堂



 さて、このゲームは都度3回ほど遊びました。

 サイコロのストックを市場に見立てて、狙った資材がでてこない。
 あるいは、誰かに取られてしまうジレンマが秀逸。
 そのうち、相手の建造物を読んで、市場サイコロの制圧を計ります。

 非常に絶妙なバランスで成り立ったゲームでした。




 さて、今回は参加が遅れてしまったり、告知がぎりぎりだったりと、随分ご迷惑をおかけしてしまいました。
 今後へと改善し、つなげて参りますので、何卒ご容赦ください。

 次回こそは、なんとか反省を生かせればいいなとおもう次第。


 などといっていましたら、次回の告知の時期です。

 日程は、

 「日時」 4月11日(土)13時~
 「場所」 塩尻市えんぱーく 306

 となっております。
 次回も、遊ぶだけのゲーム会になってしまうのか、
 それとも、新しいゲームが顔を出すのか、
 それは、当日来ていただけた方だけが知るところです。

 それでは、また。


 後半へつづく。

スポンサーサイト

2015.03.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9514位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
225位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。