スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

夕日の土建屋さん サイコロの旅 その1

 この日記が更新されている頃には、つわものどもは夢のあとのはずです。

 中身は先日、6月9日(日)、前回につづいて、深淵を軽くやりたいなと思っていたのですが………
 まぁ、仲村に人望がないことはいつも通り。
 8人に声かけて、お答いただいたのはわずか二人。

 前段、同じ日に長野県の木曽路では、漆器祭、ほおば祭り、お茶壺道中が開催されていて自分も行きたかったのですが、深淵であつまってくれる人がいるならと、涙を飲んだのですが………

「木曽いきたいです」

 問題はここから始まりました。


「そ、そうか………か、考えとくね」

 電話でそう言われた時、顔がひきつったのを今でも覚えている。
 せ、せっかく、あきらめたのに………自分が苦渋(と、いうわけでもないけれど)

 そう、仲村はこの時、決意した。

「「長野で決行だっ! サイコロの旅」」


・始まり・

 最初から説明しよう。
 事の始まりは6月9日(日)に深淵2版をやりたいから集まっておくんなさい。
 と、8名程に声をかけたところが始まりでした。
 ただ、いつもの段取りが悪い仲村の事、人なんかちっとも集まりません。
 ところが、なんとか二人集まり、これで決行だ。
 と思ったところに上記のようなお話が………しかも、二人とも。

 いや、お二人に罪はないのですが………罪はないのですが………

 俺、我慢したんですけどっ。

 そう、人が集まらなかった時のリカバリープランとして、木曽路の旅行は考えてはいたのだ。
 どーして、こうなったのか………

 まぁ、仲村の不徳のいたすところ、とあきらめるか………っ。

 ただ、木曽路までいくのに人を乗せてゆくなんて悔しすぎる。


 という事で、考えました。




 「長野県版 サイコロの旅

 ・某、北海道のローカルテレビの番組にて行われていた企画をこっそり拝借。
 ・元々は東京から札幌に戻るまでを、ディレクターがチョイスした6つの項目に合わせて、
 サイコロ振ってランダムに進んじゃおうという企画。

 ・ただ、今回は制限時間がある。(朝8時~夜8時の12時間)
 ・という事で、木曽を中心としてゆくべきところを選定し、最大値を決めておく。
 ・街道等に入ったら、1~6のサイコロを振り、1~3なら次、4~5なら次の次、6なら次の次の次の停車ポイントまで、停車しない。
 ・その他不足の事項はすべてサイコロで決定。


 モチベーションは、
 「ただ、木曽路に連れていってたまるか」でした。


 勢いに任せて、地図を作成。


 夕日の土建屋さん サイコロの旅

 うん、短時間でつくったにしては、上出来だ。

 作り方は簡単。
 グーグルマップ様から地図を拝借して、エクセルでランドマークを放り込んだだけ。

 しかも、ポイントとしては、目的地の一帯は魅力的な観光地を数多く配置し、一方外れたところには、ランドマークすらまばらにする。

 こうすることで、失敗すると大惨事くせに、ランドマークが少ないせいで大移動になりやすく、そのうえ、帰還がすんなりいくという形。

 まあ、まさにサイコロの旅というていで、当日に挑みます。

 続く

スポンサーサイト

2013.06.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
226位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。