スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

夕日の土建屋さん 定例会 2017 報告書

夕日の土建屋さん 定例会 1月の陣 レポート

【日時】 1月6日(月・祝) 13時~20時40分
【場所】 塩尻市 市民交流センター 306会議室
【内容】



 「1」「おちどり」テストプレイ



思惑・第3版を準備。カードとコンセプトを大きく変更。
第2版で問題が多数出た為、その対処を行った。という事にしてある。
もう一点、カード36枚までおさえると、コンポーネントの質の向上が
比較的安価にできるため。

実際 芳しくない。
ゲームの進行に整合性を持たせすぎた為、自身の行動基準が作れず、
他者の行動戦略も見いだせない。
早い話、カオス要素が入りすぎ。
ただし、デザイン面での問題点は回収出来た。


 「2」「深淵で人狼」テストプレイ


   思惑・新しい試み。
・1時間深淵自体は以前から行っていた。
・物語の導入に焦点を絞り、システム的背景などはあまり重要視しない。
・運命と夢歩きをメインツールとする。
・比較的、対立構造を作るように心がける。
・サイコロでの判定を取り除き、運命カードでの判定に終始勤める。
・耳障りの良さから、人狼要素を盛り込んでみる。

実際 想定していた事の8割が、運用できた。
・時間も2時間弱と、TRPGとしては短め。
・問題点は人狼という要素と深淵という要素の橋渡しに工夫が必要。
・むしろ、運命から人狼らしき動きをする人を決めた方が
 おもしろみがあるように思える。


「3」「おちどり」討論会

思惑・ある意味禅問答の時間。
・デザインは、「システム」「ヴィジュアル」「マーケティング」の三つ。
・それぞれが相互に干渉しあっていてどこか一カ所の解決案は無意味。
・それでも意見をもらうのは大切。
・別の方からは、夕日の土建屋さんの集客を落とす一番の原因と揶揄される。

実際・やはり意見は出てこない。
・正確には意見自体は出て来るが、それに基づいて、今回のゲームを
 どうすると良いかという具体的なアクションは出てこなかった。
・ゲームを作る話し合いではない。とコメントを頂く。
・前提が間違っていた事に気が付く。

気付・「これでは、このジャンルのゲームは形成できない」のであれば、
 「この状態で、このジャンルのゲームを作った奴はいない」という事。
・「無難な戦略」は成立させないようにする。必要以上にバランスはとらない。
 なぜなら、「平凡で当たり前の事をした奴が勝つ」ゲームはおもしろくない。
・バランスは限界まで崩す。
 バランスを取るなら、テストプレイヤーの不満を全て反映させればよい。


結論・今後のオチドリ製作について、二つの指針を出した。

Aプラン
一番評価のよかった「1stバージョン」を調整して、1月15日(日)に
 テストプレイを実施する。
・この際、以下のように変更をかける。
 「1stバージョン」:「協力ゴール」>「競争ゴール」
 「1st改良版」 :「協力ゴール」<「競争ゴール」

Bプラン
36枚版の調整を再度行う。

AB両プランに対するオンセンブックスさんからの要望
1 設定をしっかり付ける。
2 プレイ中の行動にしっかり選択肢が付く事。
 ※この場合、ストラテジーゲームでも、パーティーゲームでも同様に。
3 イラストは書かない。
4 枚数は初期プラン「60枚」を上限とする。


「雑記」
 ・ざくっとまとめたので、乱文乱筆ご容赦あれ。
 ・問題点は多々あれど、今回でバージョン3を向かえたオチドリ。
 ・1stは高評価、2ndは低評価となった。が、実はその中身はほとんど変更していない。
 ・つまり、インストに左右されている事が明らかだと思っています。
 ・プレイヤーに理不尽なルールを押しつけて、納得してもらうための
  ヴィジュアルデザインがまだ浮き足立っているのかもしれないな。

 今日の名文
 ・趣味なんだから、誰もやっていない事を大腕振ってやってみる。

スポンサーサイト

2016.01.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
10686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
241位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。