スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【報告】夕日の土建屋さん 定例会 3月の陣【活動】

 お疲れ様です。

 先日、「夕日の土建屋さん」の定例会に行ってきました。
 楽しい時間、しかも、わいわいやれる仲間と………月に一度の例会で午後からとはいえ、貴重な時間です。

 さて、そのときの模様をお送りいたします。


 

 今回は主催をmizuさんに移しまして、実施していただきました。 
 結果は参加した人だけが知っている。 

 いやね、今回は大きな議題がありまして、

 どうやら夕日の土建屋さん、次回、6月1日(日)に開催される「ゲームマーケット2014」に参加するらしいですよ(白目) 
 主催でありながら、ちょっぴり蚊帳の外。そして、完全棒読みの白目モードです。

 
 前回、あれだけ大変な思いをしながら、いい大人が懲りないようです。 
 とはいえ、大変な思いをしたという事は、それだけ実入りもあったという事。 
 会議も理路整然とした発言よりは、少々迷走気味な事を言った方が、各自培った隠された能力を存分に発揮してくれそうです。 
 参加も前回かけた準備時間よりも、今回は短め。 
 これは、前回参加した作品の焼き直しですね。 

 と、思っていたら、どうやら、新作もつくるようですよ。 
 まったく暴挙と言いますか、無謀といいますか………ですが、無茶、無理、無謀は折り込み済みです。 
 今日の名文 「危なくなくって、何が海賊だ(by フルアッドココ)」 
 と、また、夕日の土建屋さんは危険な航海に乗り出したようです。 
 でもね、不思議と会員に後ろ向きな発言をする人がいなかったのが、成長ってやつなんでしょうか? 
 もっと、反対意見とか出ると思ったのにな。
 こちらに関しましては続報をお待ちください。 
 もう一つ、前回の夕日の土建屋さんあたりから、某専門店ホームページなどをお借りしまして、宣伝をしておりました。と、いっても、イベント開催日時を記載しただけの些末なものですが、 
 それを見てか、見ずか、ゲストさんが一名いらっしゃってくださいまして、とってもうれしい限り。
 会議を迷走させるのが得意な仲村は、やんわり隅っこに追いやられて、皆さん接待モードです。 
 参加された方も、楽しんでいただけたようで、うれしい限りでした。 

 会議が手早く終了し、ゲーム会に移行できたのは、「おもてなし」の心がしっかり根付いているんやもしれません。



 ゲーム会

夕日の土建屋さん定例会 3月の陣  


 写真は「街コロ」のプレイ風景です。 
 当サークルで制作途中のゲームに関しては、デザインがいまだ定まっておりません。 
 しばらくお待ちください。 

 8名会議室を手配して、7名が集まるという快挙なのに、4名がゲームをして、3名がテストプレイ版のカード制作をするという残念仕様。
 でも、まぁ、楽しければいいんですよ。


 雨宮、香川、特別顧問に「街コロ」でしっかりと接待をしていただいている間に、仲村は新作「どつけよ、さすれば開かれん」、mizuさんは新作「宇宙戦艦こらぶしょん(仮)」を準備しておりました。


 「宇宙戦艦こらぷしょん」(仮)

 ・デザイナー mizu
 ・筆者は未プレイのためよくわかりませんが、ワーカプレイスメント系だそうです。
 ・デザイナー本人ではないので、続報は本人から記事があがるのをまとうじゃ、ありませんか。
 ・ねぇ、お客さん。


 「どつけよ、さすれば、開かれん」

 ・デザイナー 仲村はじめ
 ・いまいち話し合いで決着がつかない。そんな蛮族達が考え出した平和的解決法。
 ・それは城攻めだった。
 ・相手の城壁をぶち破らんがために攻城兵器を準備するのか、それとも城壁を固めるのか?
 ・脳内筋肉率120%、きゃっきゃふううの蛮族運動会。
 ・という、二人対戦系のゲームです。
 ・ゲームの特性上、会員、莓華さんにしかテストプレイしていただけませんでしたが、3回プレイしてなかなかの好感触。
 ・本人からはこれを売りに行きましょう、との発言が。まぁ、うれしい限り。
 ・こちらも、続報は別記事で。


 「AutoRedField」

 ・デザイナー 仲村はじめ
 ・無人兵器達が戦う戦場に君の乗った兵器がこっそり参戦。負けると有人兵器である事がばれるので、絶対に負けられない。
 ・さあ、他の兵器を全滅させてとっとと、故郷に帰ろう。
 ・こちらはカード20枚以下でヘビー級に重いゲームを作ろうというコンセプト。
 ・ロボット達が盤上でダンスを踊るがごとく、右往左往するわけです。
 ・こちらのテストプレイは雨宮、香川両氏。
 ・改善点は多々あるものの、肉厚で歯ごたえのある感じが好感を受けたようです。
 ・テストプレイは重ねたいところですね。
 ・こちらもできれば、制作したいですね。



 この他にも、既存品のゲームをしっかり遊んで来ました。

 「街コロ」
 
 ・仲村的には「人生ゲーム」のイメージ。
 ・人によっては、「カタン」風とも評価されていました。
 ・良いできのゲームに香川、雨宮が奮戦。
 ・いや、ゲストさんきてくれているんだから、「接待プレイ」しようよ。
 ・と仲村が言ったのですが、これが後で墓穴を掘る結果に。



 「それはオレの魚だ」

 ・ペンギンが割れた流氷の上を飛び回って、魚をgetするゲーム。
 ・問題は、ペンギンのやつ、海に落ちると死んじゃうんだな(夕日の土建屋さん的勝手な解釈です)
 ・ゲストさんいわく「囲碁風」と言わしめた得品。
 ・仲村、調子がいいので、「そうなんですよ」言いながら、囲碁やったことないでござるの巻。
 ・こちらも接待プレイとは、と言うぐらい会員が僅差で勝利。
 ・いや、だから、楽しんでいただけたのかだんだん不安になってきたぞ。
 ・こちら、知人にペンギン好きが二名ほどいるので、是非プレイしていただきたいところ。



 「ダンジョンレイダース」

 ・まあ、市販しているのを見たことがない良質ゲーム。
 ・カードは英語だけれど、日本語訳がついているので大丈夫。
 ・罠かあり、モンスターがいて、そんなダンジョンを地下五階まで、仲間と一緒に潜ってゆくゲームなのだけれど、
 ・一番怖いのは実は仲間だったというのが、このゲームの落ち。
 ・RPGッぽくできるので、ゲームやったことあるけど、ボードゲームは未だ、という方におすすめ。
 ・ボードゲーム版友情破壊ゲーム。
 ・こいつは仲村が圧勝。
 ・「うん、接待プレイって難しいね」
 ・この後、仲村が雨宮さんからおしかりを受けたのは言うまでもない。



 「からふる・どれいく」

 ・夕日の土建屋さん謹製ボードゲーム。
 ・仕様は子供が強く、大人が弱いリバーシブル神経衰弱。
 ・言葉で説明しづらいゲームは、最年少の特別顧問が圧勝して終わる結果に。
 ・はしたない大人にならないと勝てないんですよ。本当に。
 ・こちら、次回ゲームマーケットで少数再販予定です。
 ・しかし、人間の記憶力に挑戦するゲームなので、終盤で持ち出したのが失敗だったな。
 ・次回は特別顧問が悔しいと思うゲームを作ろう。オレ。



 という事で、半日しっかり遊びまくって帰ってきましたとさ。 
 今回の失敗。 
 ・黙っているつもりが、結局口を開いてしまった。 
 ・ゲームの試作品を3つ作っていったが、テストプレイしてもらえたのがうち2個だけだった。 
 ・時間配分を仕切るつもりだったが、途中で放棄してしまったため、やっぱりくだくだになってしまった。 
 気をつけよう。 



 以上、夕日の土建屋さん 仲村はじめがお伝えしました。
スポンサーサイト

2014.03.18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 活動報告

コメント

余談ですが

余談ですが、参加各自から記事があがると違った側面から見られて本当はいいんですけれどね。

みなさん、多忙ですから。

2014-03-18 火 13:04:30 | URL | 仲村はじめ #E.OmeW1c [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9070位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
190位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。