スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【記念】気がついてみれば、

 夕日の土建屋さん 仲村です。

 今回は、正直思い出話です。

 今年度で5年目を迎える当サークル。

 一体これまで、何をやってきたのか………

 思い出すと、少しばかり頭が痛くなりますが………


 それでもいいという方は続きをどうぞ。


 で、今年度で5年目に突入する「夕日の土建屋さん」です。

 4年前のある日、カラオケでボードゲームを始めたのがスタートです。



 開始当初から参加しつづけてくれている方もいれば、途中で参加してくれた方、

 あるいは、このサークルを去った方もいらっしゃいます。



 運営方針はきわめて単純。

 やりたい事を回りを巻き込んで、実行すること。


 ぶっちゃけ、ギルドが理想です。

 企画を誰かがもって来る。
 賛同者が居たらやる。
 そして、形にする。

 これだけ。



 でも、まぁ、そういう形にはまだなっていないです。
 しないと言っても過言ではないですね。


 創立当時、スーパーマーケットで働いていた仲村は
 「新人教育」、「チームとしての向上方法」をほぼ確立していました。

 新人の歩留まり8割5分。
 チームとして、向上しつづけて、はっきりとした成果は残せなかったものの、
 自身がいなくても、95%を維持し続けられるチームを作れたのは上々でした。



 格闘技のようにこういう流派があって、奥義があるとすれば、

 「何をしているのか悟られない事」
 「五感の鋭さ」
 「ユーモアのセンス」

 この三つです。
 この話を掘り下げるのはまた別の機会として、



 一つの疑惑が浮上します。

 この教育技術は、

 「自分が上長で、相手が部下である」

 事が前提になっているんじゃないか?
 つまり、どこでも通用するものではなく、自分が地位を得て初めて成立する類のものだという事です。

 こいつには正直、挫折にも似たものを感じました。
 信頼関係が成り立てば、仕事外でも当てにされるものです。
 ところが、社外に一歩踏み出せば、信用に足らない人間に成り下がる。




 さて、サークルを始めて

 「上下関係に頼らない人材の育成」

 というテーマにぶつかります。




 時を同じくして、各地で行われていた有名TRPGコンベンションが次々に閉幕してゆく時季がありました。

 原因はスタッフの高齢化。あるいは、多忙化。

 まぁ、生きてゆく上で、仕方のないこと。

 でも、後に続く人がいなかったという事です。




 夕日の土建屋さんも同じ問題にぶつかっています。

 動く人は動く。

 動かない人は動かない。

 だけど、全員がバラバラに動いたら、空中分解を起こす。

 だから、動けない人と動かない人がいる。

 理由はこれ。

 じゃあ、どうしたら、動き出して、回りだすか。




 現在、言い出しっぺとして、苦心中です。

 さて、新しい年度が始まり、5年目の苦心がスタートします。

 私自身がどうかよりも、チームとして機能するかどうか、



 
 仲村は、時々「今日の名文」として、名文、名言めいたもので、そのときの感情も記録します。
 今日もやってみましょう。

今日の名文

 「独裁者もいらない。
  英雄もいらない。
  軍隊もいらない。
  奴隷もいらない。
  神も悪魔も必要ない。

  幾ばくかの仲間と、
  今日の食い扶持と、
  酌み交わす杯と、
  誰かを慮る心持ちとて、
    
  悩める芦が束になり、何ができるかを知りたいのだ。」



 まとまった様なまとまらない様な………

 そのうち、続報をお届けします。

 夕日の土建屋さん 仲村でした。

スポンサーサイト

2014.04.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
226位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。