スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【ペケ丸】説明と遊び方

【説明】
 ・「へっぽこ忍者ペケ丸君の大冒険」は、ブログの機能を利用したアナログゲームです。
 ・ゲームはストーリーを読み進め、状況に応じて読み手の皆さんが、選択する事で進みます。
 ・リンクを選択して先に進みますが、リンクは全てブログ内にリンクしています。
 ・このゲームをプレイする為には、お使いのブラウザをみられる携帯、PCなどの他に
  メモ用紙と筆記用具が必要になります。
  (ゲームの進行上、何度もメモを書き直す事がある為、鉛筆と消しゴムのようなものが推奨です)
 ・ゲームの結末はいくつか用意されています。
 ・ゲームを途中で中断する場合は、その時点のページをブックマークし、メモを大事に保管してください。

 世界観、遊び方は「つつき」にあります。


【世界観】
 ・ペケ丸君は忍びの里の忍びの子。
 ・父ちゃんと母ちゃんは、優秀な忍びです。
 ・ただ、残念な事に、ペケ丸君はいじめられっ子だったのです。
 ・そんな折り、同じ忍びの寺子屋に通う「おみっちゃん」が、形見のかんざしを
  同じく寺子屋に通ういじめっ子の「ケンちゃん」に取られてしまいます。
 ・いつも優しくしてくれる「おみっちゃん」の為に「ケンちゃん」から「形見のかんざし」を取り返しましょう。
 ・ただ、いつもいじられている「ペケ丸君」にはそんな力はありません。
 ・そんな彼に父ちゃんはこういったのです。

 父ちゃん「いいかい、ペケ丸。忍びには強いも弱いもないのだよ。守りたいものに一生懸命になれるものを忍びと言うのだ」

 ・そういって、父ちゃんはペケ丸に自分が使っていた「手拘鉤」を渡すのでした。


【道具】

 ・さあ、ペケ丸君の冒険が始まります。
 ・ただでさえ、弱虫なペケ丸君が戦うにはお助け道具が必要です。
 ・皆さんが用意してくれたメモ帳に、次の3つのアイテムをメモする枠を作りましょう。

 「草団子」
 ・本来、忍者は「兵糧丸」と呼ばれる強飯と木の実や薬草を混ぜ堅焼きにした、非常食兼常備薬を持っていますが、
  彼にはまだ早いと思った母ちゃんが用意したのが、この「草団子」でした。

 「手拘鉤」
 ・鉤縄と呼ばれる道具と、手甲鉤と呼ばれる武器の間の子です。壁を登ったり、土を掘ったりするのに最適ですが、
  攻撃武器としては使いづらく、ペケ丸の父ちゃんはかつて、「殺さずの忍」と呼ばれていたようです。

 「匂虫袋」
 ・ペケ丸君のオリジナル忍具です。森などに生息するひどいにおいを出す虫を眠らせて、袋に詰めています。
  投げつけると袋がやぶれて、虫が飛び出し、あたりに叫びたくなるような匂いが充満します。


 この三つがペケ丸君の秘密装備であり、生命線でもあります。


 「規則」
 このゲームをプレイする時のルールは以下の物になります。

 「・メモに3つのアイテム名を書く」
 「・全てのアイテムを最初から3つずつ持っている」
 「・指示通り、アイテムの数を増やしたり、減らしたりする」
 「・ブラウザバックは基本的に使わない」
 「・3つのアイテムのうち2つがゼロになったら、ゲームオーパー」

 ・このルールを守って、ゲームを進行してみましょう。
 ・では、本編に戻りましょう。

スポンサーサイト

2013.01.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ペケ丸

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
9514位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
225位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。